思いをつなぐ。古民家移築・再生事例

写真:竹林庵みずの別邸

半世紀以上、家族の暮らしを見守り、役目を終えようとしている古民家。

全国には、そんな古民家がたくさんあります。

思いの詰まった大切な古民家ですが、実はその持ち主の多くが維持・管理などに悩まされています。

山翠舎は、古民家の持ち主から多くのご相談をいただいています。

 

そこで山翠舎が提案しているのが、古民家を蘇らせ、再び輝きを取り戻させる「移築・再生プロジェクト」です。

具体的には、「古民家を活用して、店舗などをつくりたい」という事業者(もしくは個人)と、前述の「古民家を活かしてほしい、手放したい」という持ち主様のマッチングをさせていただきます。事業者様と持ち主様の双方が納得のいく提案を山翠舎が行い、思いの詰まった大切な古民家が、再び活躍できるステージを生み出していきます。

 

 


古民家を活用したいオーナーさん募集!

近年注目を浴びている古民家の再生。

使われなくなった古民家を再生することで、古民家の良さを引き継ぎながらも

用途に合わせた活用が可能となります。

山翠舎では、

自宅や別荘、お店や旅館・ゲストハウス、オーベルジュなど、様々な用途に合わせ、

希望の条件に合う古民家探しからご協力させていただきます。

ご興味のある方は、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 

お問合わせはこちら

 


古民家移築の事例

竹林庵みずの別邸 熱海網代温泉 旅館としての活用事例

竹林庵みずの別邸は、築100年を超える2頭の古民家を移築再生しました。

迫力ある柱や梁など昔のままの構造で再利用しています。

新潟で長い年月を重ねた古木が、熱海の地で新たな息吹を与え、

木と人と、そして人と人とを繋いでいきます。

HANZ河口湖 ゲストハウス

古民家をそのまま移築するのではなく、古民家が持つ「意図の集まる温かさ」や「居心地の良さ」を現代の生活に合うようアレンジし、ゲストハウスとして蘇らせました。

多くの知恵が詰まった古民家の良さを残しました。

熱海網代 古民家再生プロジェクト(建売物件)

温泉が出て、熱海の海を見渡すことのできる絶好のロケーション。

この地に古民家を移築して、建売として販売している物件です。

古民家の間取りや梁など良い部分を受け継ぎ、フローリングや和室など、土間のエリアは玄関のみに絞って

現代の暮らしに合うような内装に改装しています。

山翠舎オリジナルのフローリングには職人の遊び心ある埋木なども施した、新旧の職人の技の融合した空間です。

 


(運営元である株式会社山翠舎の「古民家の移築再生」ページへリンクされています。

https://www.sansui-sha.co.jp/koboku/)